EXERCISE

LIGHT Workout vol.1

正しい姿勢が大事なワケとは

  • 正しい姿勢を保てていますか?
    まっすぐ立った時、
    左右の肩の高さは同じになっていますか?
    そして、両手の平は太ももの横に
    伸びている状態がベストです。
    鏡の前でリラックスした状態でまっすぐ立ち、
    全身を見てみてください。
    姿勢がよく分かるために、
    なるべくぴったりした服装で
    チェックしてみると分かりやすいでしょう。
    利き腕でバッグを持ったり、
    パソコンのマウスを操作し続けている人は、
    片側の肩が上がり、
    肩の高さが左右まっすぐでない人が
    多いかもしれません。
  • 正しい姿勢を保てていますか?

  • 悪い姿勢の代表例もチェック!


    1
    肩が丸まりすぎるとゴリラ姿勢に
    正しい姿勢を保てない人の中で最も多いのが、
    肩が前に出て猫背気味になっている人。
    上半身が前に出ているので、
    その分骨盤が下がり
    お尻も下がって見えてしまいます。
    極端ですが、ゴリラのように見えることから
    ゴリラ姿勢と呼びます。
  • 肩が丸まりすぎるとゴリラ姿勢に

  • 2
    ペンギンのようなムリに力が入った姿勢
    一見、姿勢が良さそうに見えるこれもNG。
    胸とお尻が反りすぎている状態です。
    正しい姿勢を意識しすぎて、
    自然となっている人も多いので、
    自分の姿勢を横からもチェックしてみましょう。
  • ペンギンのようなムリに力が入った姿勢

カラダのコアを意識して正しい姿勢作り
正しい姿勢を習慣づけるために、
日ごろから意識したいのがカラダのコア(体幹)筋肉。
これは、インナーマッスルとも呼ばれるカラダの軸を作る部分です。
これを鍛える方法を、ドローイン・エクササイズと呼びます。
 体幹支持筋群とも呼ばれ、
カラダの軸となる筋肉。
正しい姿勢の維持や背骨の安定性などを司るもので、
体のバランスを保つのに欠かせません。
このカラダの軸を鍛えれば、
正しい姿勢が保てるようになるのはもちろん、
新陳代謝が上がり、ダイエットや美容効果へとつながります。
逆に、コアが不安定だと、正しい姿勢ができないので、
猫背から肩こりが悪化したり、
骨盤のズレからお尻がたれやすくなったりと、
女性にとってよくないことばかり。
  • いつでもどこでもできるドローイン・エクササイズとは
    カラダのコア(体幹)を鍛える、
    ドローイン・エクササイズは、とってもカンタン。
    まず、フーッと息を吐き、おへそを引っ込めて、
    お腹の奥の筋肉をぎゅーっと引き締めます。
    同時にトイレをガマンするように
    お尻に力を入れた状態でキープします。
    目安は10秒x10回ぐらい。
    これは、電車の中でも、歩いていても、
    どこでもできちゃうエクササイズ。
    時間も場所も選ばないから、
    毎日続けやすいですよね。
    最初は、ツライかもしれませんが、
    すぐに慣れてくるはず。
    腰痛のリハビリにも効果的だと言われているので、
    ぜひお試しください!
  • ドローイン・エクササイズとは

スポーツ セーフティ ジャパン

アメリカでプロトレーナーの資格を取り、現在は日本で活躍中のスポーツトレーナー
が2007年12月に設立したNPO法人。スポーツをより安全に楽しむための知識やスキル
(応急措置法、傷害・事故の予防、環境整備、エマージェンシープラン)の普及を目指し、
スポーツ指導者、選手、保護者のための無料講習会など
草の根的な活動も全国各地で展開しています。

www.sports-safety.net

Topics

  • LIGHT Workout vol.2

    LIGHT Workout
    正しい姿勢を作る
    かんたん
    エクササイズ!

  • LIGHT Workout vol.1

    LIGHT wokout
    正しい姿勢が大事なワケとは