SPECIAL

INTERVIEW「温故知新」vol.4  「ネイルアートは心の栄養」と語る、ネイルアーティスト草野順子さん
ひとりひとりの個性から。それぞれの想いや希望といった内面の心象をもとに、その人だけの色やデザインをアートする
ミス・ラオスとの出会いで夢が明確に
ネイルアートが正業ですが、それとは別に何か、一生をかけて
人の役に立つことをしたいとずっと思っていました。
漠然としてですが、それは、アジアの中のどこかに
関わって何かをしたい。特に、少数民族に興味があって、
好きで、何かできればって思っていました。
そんな想いがあった中、日本に親善大使として訪れていた
ミス・ラオスの女性が偶然サロンに来たのです。
そこで、生まれて初めてネイルをしたという彼女と
いろんな話をしました。
親善大使として、歌も歌い、日本にやってきた彼女は、
その稼いだ外貨で故郷ラオスに学校を建てたそうです。
その校長も勤め、音楽の先生としても働くという彼女の
話を聞いて、とても感動しました。そして、気づいたらその場で
「私も学校を建てる!」と約束をしたんです。
彼女の話を聞いて、自分の心の中でぐっと熱いものが
こみ上げるというか、これまでぼやけていた目標の
焦点が定まった感じでした。
それからは、今まで全く知らなかったラオスという国について
猛烈に調べて勉強しました。
自分のライフスタイルの目標、やりがい、
生涯を通じてしていきたい仕事が定まったという感じでしょうか。
これは、あっためというよりも、もっとあつい、
心の情熱のようなものでした。
とはいっても、そこから悩みました。
ネイルアートの売り上げだけでは、学校を建てるのに厳しいのです。
約束を果たしたい想いはあるものの、
どうしていいか思い悩んでいました。
そんな時、私の想いを理解してくれる人に出会いました。
サロンのお客さんが連れてきてくださった方が偶然にも
ローソンのバイヤーさんでした。私がラオスの話をしたら、
「一緒にやりませんか」と言ってくれたんです。
まさに、夢のような出来事です。そこで初めて、
ヘアアクセサリーのアートデザインをやらせてもらって、
その売り上げの一部を「ラオスに学校を建てる基金」に
寄付する話がまとまりました。
それから、いろんな商品のコラボデザインが決まって、
基金を蓄えられるようになったのです。
そして、今年、ミス・ラオスに出会ってから3,4年。
やっと、ラオスに学校が建てられました。
100%完成しました。
開校式はまだですが、先生や職員の手配が整ったり、
やっと思いがカタチになってきています。
あの時感じた、私の情熱が、
たくさんの方との出会いで実現できました。
私にとって、心と体のあっためは命そのもの。生きている証拠
念願だった、ラオスに学校を建てられたのは、
その想い、情熱を自分で見据えてかきたてたから。
誰も自分には火をつけてくれません。
体のあっためも自分で気づいてあげることが大事。
私にとってあっためることは、
おおげさに言えば命に関わること。生きている証拠です。
だから、アートスタジオに来るお客さんにも
口うるさく言ってますよ。「冷やしちゃダメだよ」って。
冷やすといけないことを理解してもらうようにしています。
アートをするときに、手を触るので、
手が冷たく冷えている人はすぐわかります。
ネイルのお客さんには、手や足にマッサージをして、
オイルパックをすることがあります。
そうすると、冷えていた手足がポカポカとあったまるのを
実感する方が多いですね。
みなさんには、もっと五感や感覚を使って
あっためることを意識して欲しいですね。
みんながいいからいいっていうだけじゃなく、
自分で判断することが大事だと思います。
流行しているからいい、ということではなく、
あたためる方法、ひとつとっても人それぞれ良し悪し、
合うかどうかは違います。自分で見極め、
ベストな方法を見つけることが大事ですね。
情報はたくさんあります。もちろん、
人にすすめてもらったものを試すのはいいことだと思います。
そこから、どう自分で考え、選択していくことが大切です。
それが生きていくってことにつながるのでしょうね。
草野順子さんの作品
 
    自分の体に目をむけるためには
  • おしぼりウェッティーSLIM

  • マルチオイル

  • 写真集

 

 

ネイルアーティスト 草野順子さんプロフィール

草野順子さん

グラフィックデザインや絵画、工芸等さまざまな分野のアートを学んだ後、
独学でネイルアートの世界へ。
現在は、ネイルサロン「草野順子アートスタジオ」、
「amrita(アムリタ)」の経営ほか、
企業とのコラボレーションによりティッシュボックスのパッケージデザインや
ヘアアクセのデザイン制作など多岐に活躍。
また、3人の子供たちもネイルアーティストとして活躍中。
 

ネイルアーティスト 草野順子さんプロフィール

予約:03-3797-7806
東京都港区南青山5-9-2アイサワビル801
営業時間:10:00~21:00(最終受付:20:00)
定休日:水曜日
料金:ハンドまたはフット10本
(カラーリング含む)
3500~5000円
http://www.kusanojunko.com

 

Photographer:Satoshi Osaka
Interviewer:Yukiko Morita

Topics

  • INTERVIEW vol.5

    INTERVIEW
    ブルース・オズボーンさんが語る
    「親子の日」

  • INTERVIEW vol.4

    INTERVIEW
    草野順子さんが語る心の栄養剤

  • INTERVIEW vol.3

    INTERVIEW
    菱沼典子さんが語るattameの効能

  • INTERVIEW vol.2

    INTERVIEW
    エリカ・アンギャルさんが語る栄養学と美

  • INTERVIEW vol.1

    INTERVIEW
    小松江里子さんが語る心のattame